季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
12 * 2009/01 * 02
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
01/21
「豆乳は食べるもん」がいいなあ
s-IMG_1069.jpg

一時流行りましたな豆乳ドリンクって、アレ自分ダメなんすよ。
青臭さを消そうって努力が裏目に出て返って苦手です。
やっぱ豆乳は食べるもん位置でいんじゃないかな。欧米で健康ドリンクとして持てはやされるとしても、アジア的には豆乳は朝食になったりするしね。

温かい豆乳に少量の醤油、あくまで香り付けで入れ過ぎないように。元々味があるので塩分より香りです。味噌も合うが支配的になり過ぎて、豆乳の甘味も引き立つ醤油の方がだんぜん好きかな。

写真は「帆立と豆乳の簡単焼き雑炊」。豆乳とだし汁は3対2か2対1、少量の醤油と味醂で味付けし、具は刻んだ玉葱とブロッコリーに帆立貝。全部冷たいまんま合わせて冷や御飯もほぐし入れ、後は耐熱の器に入れチーズを乗せてオーブンなんかで焼くだけです。旨味が出る具が入るので豆乳をだし汁で薄めました。この方が焦げ付きにくいしね。

ちょっとやり過ぎかな。もっとシンプルに豆乳湯豆腐はどうでしょう。
やはり豆乳を少しだし汁で割って豆腐を入れて温める。少量の醤油か割り下か蕎麦汁なんかを垂らして汁ごと頂く。寒い時期これもたまらんです。

ところで牛乳は昔、噛んで飲めなんて指導があった。消化にいいからかな。冷たいと乳臭さは抑えられるが消化に悪いってことか、年取ると切実です。
実は牛乳も温めた方が好き、ただし膜がはるほどじゃ温め過ぎ。60~70度くらいかな、でないと味が壊れて砂糖とかで味を補わないといけなくなる。

どちらもウチでは食材位置なんで料理に使い切れなくて冷蔵庫で放置されたりして、飲んだらすぐなくなる量なのにねえ。気をつけよっと。
スポンサーサイト
01/13
なぜか茶色いお酒で
s-IMG_1151.jpg

 実は最初にお店を始める時、製氷機を設置するか迷ったことがある。
なんでって自分があまり氷を必要としないマイノリティな酒飲みなんで、氷なんて冷凍庫で作る程度で充分だと思ったからです。
 実際はこの程度の規模でも製氷機なしではとても間に合わない。それほど酒に氷は不可欠になってしまったようで。

 最初の洋酒の普及は冷蔵庫の普及と並行したらしい。アルコールは揮発性、イコール冷えていた方が飲みやすい道理で当時強い度数の酒が流行るには氷の存在が洋酒のエクスキューズになったのでしょう。
 ちなみに最近では冷蔵輸送も徹底され地酒も生酒や搾り立てなど冷酒が当然になったんで冷や(常温)も燗もわざわざ注文しないといけなくなった。
 冷たさにも美味しさはあるが、飲みやす過ぎて飲み過ぎる嫌いがあるのでご注意を、洋酒ストレートや燗酒はアルコールを感じる分、酒量をセーブしやすいのです。

 ところでもう一つのウイスキーと地酒の共通点は、どちらも生産量が年々下がっているらしいこと。
私見だがカクテルベースになりにくいのも原因じゃないだろうか。つまり真っ向から酒と対峙しなきゃならん類の酒はシェアが狭いので今時はウケナイのだろう。もう冷やすぐらいじゃ駄目らしい。

まあともかく最近入荷のおすすめをご紹介します。
尚いずれもダブル60ccの分量なんでお間違いなく。

スコッチ… ホワイト&マッカイ12y   650
       ウシュクベ          700
       フェイマスグラウス12y   700
バーボン…ノブクリーク9y        700
       ジョニードラム15y     700
       ブラントンゴールド     750
ブランデー…レイモンドラニョー     800
 
 
 他にも洋酒色々あるんですが、何故に居酒屋で洋酒かというと酒ならなんでも置いてしまえ~という訳ではなく、洋酒は輸送が前提に含まれているお酒だと思うからで、長い旅路を経てここにあってもおかしくないと考えるのです。
 醸造酒のような食中酒にならないとしても食事中でも頂けるし、ある程度満腹になった後に少量でアルコールとフレイバーを満たしてくれるお酒は他にそうはないと思います。

 
 製氷機の話しに戻りますが、以前のお店で内装を手伝ってくれた友人も焼酎・ウイスキーはストレートや氷なしの水割りでよく、カクテルなんて飲まない奴で同じくマイノリティな酒飲みで参考にならん。ついでにサワー系とかいるかなあと相談したら、いらないんじゃないと答えたんで未だにこの店には酎ハイはありません。
 ソーダ割りやジュース割りが登場するには開店して数ヶ月後、とある学生の意見が採用されて今に至るのでした。
 うむ、店に歴史ありですな。
Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.