季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
07 * 2010/08 * 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
08/15
続々 見つかりにくい看板
s-IMG_2355.jpg
 さて今迄の看板、そんなのあったのか?という方にこちらの画像。
額縁はおニューに流用するため塗り直してるが、台にした椅子も背面の枠も腐ってボロボロですわ。

 着工からひと月あまり、いよいよ完成に近づいてます。一番時間がかかったのが塗装、やっとそれも終わりライトの配線。反射板にはトマトジュースの空き缶にアルミテープを貼ってます。
 看板の裏にはワイヤーでプランターを配置して、正面から緑がちらりと見える趣向。まだ育つのに時間がかかりますが。
s-s-IMG_2358.jpg
s-IMG_2360.jpg
 たまたま今だから作られた物。もし来年に作られたなら全然別物になったはず。
お店を作ったときもそうだが、こうやって取り返しの付かない事を積み重ねて今があるのは悪くない。
この造作もいつか朽ちてまた新しい物と出会うだろうが、今はまだそんなことは思いもせず、今そこに在る物と付き合っていくのです。

 ちなみにこの看板もお店もまだ未完の仮完成。時間を見つつもう少し手を加えて行こうと思ってますので、それもお楽しみに。
スポンサーサイト
08/11
続・見つかりにくい看板
今更ですがお知らせです。
8月はお盆休みなしこで通常通り日曜定休で営業いたしております。

s-IMG_2285.jpg
 さて看板製作の続き。
タイルを貼ってます。何でかって一度やりたかったから。はい、ほとんど趣味です。むしろ趣味的要素がないとやってられませぬ。

 おかげで楽しいです。それにしても64ピース×11シートを一つ一つ整列させるのだからまあ細かい。でもこういう作業って意外と楽しいのよね。
 ですがタイルって意外とお高い。これだけで6千円近くかかってしまいました。
s-IMG_2347.jpg
目地材を詰めます。普通は仕上げに目地材を拭取りタイルを綺麗に見せるのですが、あえてラフに塗りっぱなし。(写真では分かりづらい)
つまり緻密な整列ほぼ意味なし…ぐふっ。

 まあでも初めてにしてはイメージ通りでちと満悦。
いくら趣味に走ろうが目的のための手段であって、目的と手段を取り違えては意味が無い。現時点で仕上がりのビジョンにブレは生じてないようで一安心。

 これに平行して塗装、乾燥の繰り返しとワードでロゴプレートの製作など、余暇を駆使して作業は続きます。
ではまた次回に。
08/05
見つかりにくい看板
s-IMG_2283.jpg
 ここに移転して早三年、階段脇に置いてある立看板も雨ざらしで今にも分解しそうなんで、先月から日曜大工している。
 いやもっと前から壊れかけてたが、日常業務の合間をぬってデザインを考え、材料を集め、木工、塗装などをこなすとひと月では終わらない。

 かなりパーツの多い構造にしたんで切り出しだけでも結構な手間がかかる。そして塗装、柿渋染めとニスに白ペンキと塗り分けるんだがこれも乾かしながらなんで日数がかかる。
 木ネジも表に出ないようにしたんだが、それでも一応目立たぬようペンキで三色にちまちま塗り分ける念の入れよう。まあ我ながら細かいが、ようやく木枠は完成に近づいている。
s-IMG_2349.jpg
 お客さんの大半はこの店には看板がないと思われている。つまりあまり集客効果がない看板なのだ。そんな見つかりにくい看板にはまだまだ細かい作業が待っているのでまた次回に続きます。
Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.