季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
09/19
いつだって居酒屋ライフ
 居酒屋って酒がメインだがそれに負けじと料理も売りで
安くて気軽で居心地のいいのが印象だ。

 私の中にはもう一つ居酒屋礼賛のキーポイントがあってそれは自分で献立する所。
 当たり前のようだが、これが料亭なら完成された一皿の料理が最良の順序で出て来る、いわば料理人の意気を味わう所。少々値段が張ろうが相手にゆだねる信頼と満足、ついでに責任も転嫁出来る素敵な場所である。

 でも居酒屋は全部自分の手柄でも責任でもあり、デートコースで相手を試すにはうってつけのシビアな戦場でもある。

 とりビーで無難に始めるも良し、御飯で始まる乱暴な突入も許され、オニスラに一緒に頼んだ唐揚げを乗せるとか合わせ技で一本取れたりもする。食べ方で生い立ち・躾・センス・思いやり・人となり全てを試されるお金では解決出来ない、でも自分次第でいくらでも元が取れる素敵な場所である。

 そう、居酒屋とは気安い外観と裏腹にシビアな一面を内に秘める、さながら可愛い外観と裏腹にしっかり猛獣なパンダのような存在でもあるのです。緊張感のまるでないガードの下がった無防備な状態、武器は己の肉体一つ、味方は酒。マナーとクレジットカードで回避出来る料亭とは一線を画す存在なんです。

 まあそれにしても、されど居酒屋、所詮居酒屋。居酒屋の身上は居酒であってやはり居心地なんですから自分の時間を大切に手に入れて欲しいもんです。
 気候風土、その日の体調や気分、相手や天候でどうにでも楽しみようがあるのも居酒屋の醍醐味だと思うのですから。
 
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.