季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10/07
これはもう秋です
s-IMG_4549.jpg
日本酒で秋と言えばひやおろし。ひと夏越して熟成された生詰めのことです。
ちなみに日本酒の生の表示でも全く火入れなしは本生、新酒のしぼりたてなんかがそうです。
生で貯蔵し瓶詰め前に火入れしたのは生貯蔵酒で、貯蔵前に火入れしたのが生詰。通常二回火入れを一回だけにしたのも生の表記があるので誤解のないように。

近代では酒の貯蔵環境もよいので、火入れでもかなりフレッシュな香気を保っています。
それ故、開栓後も風味が変わり続けますので、好みですが数日置いた方が落ち着いて味わえたりもします。

写真はひやおろしの出雲の月山(がっさん)純米生詰です。
微かに甘い香りと旨みがありつつ、中々キレのある中辛口です。

うちでは定番酒の他に差し替えで色んなお酒も紹介しています。
ただ、よく酒をころころ替える試飲したがりやがいますが、それでは「違い」にしか気が向きません。
出来れば数回は反復して第一印象で見逃したとこや、その酒の奥にある芯の部分にしっかり触れることもお勧めします。

中には飲んだことがない酒をくれってタイプもいますが、最近では定番酒の王禄がかなり造りに変化が見られましたし、日本酒自体が素材感が強いものなので、小さい蔵ほど以前飲んだ酒がそのままである方が珍しいことです。

地酒至上主義で大手酒造を敬遠する方も多いようですが、大量仕込み故の安定感も捨て難いと思いますよ。

s-IMG_4551.jpg
さてお待たせの、秋が収穫期の生落花生もそろそろ入荷しました。
夏の枝豆、晩秋の新銀杏のはざ間を見事に埋めてくれます。
しばらくはストックがありますので、こちらもご堪能下さいませ。


最後ですが今月も13、14日の連休は通常営業ですので、普段休日にしか来られない方も是非どうぞ~
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.