季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
06/29
うちの玄米
 玄米は身体にいいと呪文のように言われるけどどうなんしょ。

 栄養価については消化吸収が悪くアレルゲンも含まれるため、体調の悪い時やアレルギーの人も控えた方がよいようです。常食される場合は特に小魚や海藻などを多めに摂ることを勧めます。
 うちでは白米を3割強混ぜて炊いているので、その分消化吸収の助けになります。

 炊き方はやたら圧力鍋が推されてますが、うちでは普通の炊飯器で炊いてます。よく水に浸し、炊きあがってからもしばらく保温状態にしておけば煮えがいいようです。

 よく圧力鍋だともちもちして食感がよくなると言いますが、必ずしも白米の食感に近づけることもないような気がします。むしろ少しボソボソした硬さはよく噛んで唾液と混ぜねばならずプリミティブな食味が味わえます。これは返って伝統的な和の惣菜との相性もよいようです。またタイ米に合うおかず、中華やアジア系、インド料理などにもよく合います。
 心情として美味しいお米が食べたいのも分かるが食事として考えればおかずと相性のよい玄米は捨て難いと思います。なので十穀米やらの美味しさも分かるのですが常食には不向きに思えます。

 私が何より玄米食の効用を考えるのは噛む事です。噛むという動作は身体の構造上、様々な効果があります。それを副菜に頼らず食事の中心に置く事が出来るのは非常に便利なことです。
 栄養価を他の物で代えるのは容易だが、噛む事を恒常的に続けるのは意外と難しいことです。
恐らく玄米を常食して体調がよくなる背景には、その栄養価より噛む事の効果が大きいのではないかと思われます。

 テレビなどでは度々一つの食材の栄養価や効用を取り沙汰されますが、体系化した食事と考えればその方なりの食べ方があるものです。甚だ偏った私見ではありますが、我が家の食の体系の中での玄米食なのであしからず。
 
 
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.