季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
01/21
「豆乳は食べるもん」がいいなあ
s-IMG_1069.jpg

一時流行りましたな豆乳ドリンクって、アレ自分ダメなんすよ。
青臭さを消そうって努力が裏目に出て返って苦手です。
やっぱ豆乳は食べるもん位置でいんじゃないかな。欧米で健康ドリンクとして持てはやされるとしても、アジア的には豆乳は朝食になったりするしね。

温かい豆乳に少量の醤油、あくまで香り付けで入れ過ぎないように。元々味があるので塩分より香りです。味噌も合うが支配的になり過ぎて、豆乳の甘味も引き立つ醤油の方がだんぜん好きかな。

写真は「帆立と豆乳の簡単焼き雑炊」。豆乳とだし汁は3対2か2対1、少量の醤油と味醂で味付けし、具は刻んだ玉葱とブロッコリーに帆立貝。全部冷たいまんま合わせて冷や御飯もほぐし入れ、後は耐熱の器に入れチーズを乗せてオーブンなんかで焼くだけです。旨味が出る具が入るので豆乳をだし汁で薄めました。この方が焦げ付きにくいしね。

ちょっとやり過ぎかな。もっとシンプルに豆乳湯豆腐はどうでしょう。
やはり豆乳を少しだし汁で割って豆腐を入れて温める。少量の醤油か割り下か蕎麦汁なんかを垂らして汁ごと頂く。寒い時期これもたまらんです。

ところで牛乳は昔、噛んで飲めなんて指導があった。消化にいいからかな。冷たいと乳臭さは抑えられるが消化に悪いってことか、年取ると切実です。
実は牛乳も温めた方が好き、ただし膜がはるほどじゃ温め過ぎ。60~70度くらいかな、でないと味が壊れて砂糖とかで味を補わないといけなくなる。

どちらもウチでは食材位置なんで料理に使い切れなくて冷蔵庫で放置されたりして、飲んだらすぐなくなる量なのにねえ。気をつけよっと。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.