季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
05/27
優しげな一升瓶ウイスキー
s-IMG_2085.jpg
 私の世代で酒と言えばビール・日本酒・ウイスキー。中でもウイスキーには独特のダンディズムが漂う大人への憧れでありました。その頃はボトルキープ全盛なので水割りが主体、今でこそのハイボールは一時息を潜めてた時代です。

 そもそも当時はビールは瓶、酒は徳利、洋酒はボトルと一つの酒をみなでシェアしてたのでグラス単位のバーでも行かないとハイボールにあまり出会えなかった気がする。今ではビールも日本酒もみんなグラス売りで酒の世界も個人主義で気兼ねがないと言うべきか。ならばせっかくだから自分のペースと飲み方を探り、ダンディズムに遊ぶのもいいかもしれない。

 もし酒が弱いならストレートウイスキーが楽しめて羨ましい。少量をゆっくりと香りの余韻に浸りながら楽しめるからね。なまじ飲めるなら薄めないと翌朝が辛い。香りが強い分二日酔いの酒臭さで余計に具合が悪いっす。
 ストレートが香りの世界なら度数を下げた水割りやソーダ割りは味わいの世界で、濃度を自分好みに馴染ませるといい。ソーダ割りは発泡の爽快感に加え気泡によって立つ香りが嬉しいので色んな銘柄も試したい。

 そうそう写真は日本酒蔵の若鶴が醸す国産ウイスキー。香りは穏やかで味わいがあり、どこか和のテイストを感じる。水割りやソーダ割りも合うが、この酒の面白いとこは度数がちょっとだけ低めでストレートでも味を感じられるとこだ。スコッチ好きには物足りなさを感じるかもしれない控えめな香りだが、だからこそで食中酒にしても肴の幅が出る居酒屋の晩酌にはありがたいウイスキーなのであります。

 ところでハイボールは広義にはかなり色々なカクテルが含まれるのでソーダ割りって書き方をしたが、まあ通常はウイスキーのソーダ割りってことでいいと思います、はい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.