季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
08/01
menu<メニュー>
本日のメニュー

鰯刺し¥400 蛸刺し¥500
鰹と茗荷の酒盗和え¥500
帆立ひもの青唐辛子味噌和え¥400
ねぎぶたポンズ¥450

たらもさらだ¥400 アボカドさらだ¥500
グリーンリーフとトマトさらだ¥450
鯖水煮とオニスラ¥450

糠漬け¥300 ラッキョウ漬け¥350
枝豆¥300 
 
チョリソとバケットと卵のソテー¥600
山芋の酒盗焼とんぶり添え¥450
炙りさつま揚げ¥400

豚ガツと豆の洋風土鍋焼¥650
鶏股肉の奈良漬焼¥700 桜海老のたらし¥500
メカジキかまの味噌風味焼¥450
鰹そぼろと韮の麻婆春雨¥450

せんべい仕立て焼おにぎり¥450
どん辛漬け和えづけ丼¥600
帆立と豆乳焼きリゾット¥650
鰹とチャナ豆のカレーライス¥650
冷やしもずくうどん¥500


わりと普通の商店に買い物に行ってます。
その時ある物を手に取り、
何にしようか考えながらなんで結構時間がかかる。

だからと言って全部日替りという訳でもない。
ただ同じ大根でも季節によって違うので
同じ料理が違う料理になってしまうのだが…
あまり気にしない。

 秘伝のタレも自慢のソースもないので素材に料理が左右されるが
それでも作り手の個性は出てしまうようで。
 まあそれはそれでよいような気がする。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.