季節を感じる眺めが嬉しい街外れの小さな酒場から
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
03/10
ジンライムのようなお月様
rara.jpg
池波正太郎を読めば和食と酒が恋しくなるだろうが、
チャンドラーを読めばカクテルが気になるはず。
チャンドラーのおかげで有名になったカクテルは数知れずで、名セリフの「ギムレットには早過ぎる」のジンとライムジュースのカクテルもその一つ。

私はあまりシェイクのカクテルは飲まず専らステアかビルド。マティーニもギムレットもロックスタイルで飲るんで、ギムレットなら変じてジンライムとなります。
ジンライムは一時かなりマイブームでよく飲んでたが、その頃のレシピはアメリカンスタイルのライムジュース。
近頃は果実もフレッシュが主流で、好み的にはちょっとドライ過ぎるかな。

別にそのせいで飲み始めた訳じゃないが、忌野清志郎の「雨上がりの夜空に」でジンライムが登場する。
「ジンライムのようなお月様」という歌詞で味には触れてないが、案の定清志郎はジンライムを飲んだことがなかったそうな(作詞当時)。

うちの看板のデザインの中に小さな月があるが、もちろん色はライム色。お月様はジンライムって刷り込みはやはり清志郎効果です。
飲む方のジンライムも色付きでないと物足りないがチャンドラー推奨のローズ社のライムジュースは残念ながら輸入されてない。
自分で書いてて無性に飲みたくなって来た。明日はどこかでライムジュースでも買おう。

そしてまた…休肝日から遠ざかるのであります。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 見つかりにくい店 menehune(メネフネ).
all rights reserved.